税金に関するスペシャリスト

歯医者によるケア方針の違い

私は小さいころから虫歯になりやすく、近所にある歯医者に通っていました。歯医者自体は嫌いではなかったので特に苦痛ではありませんでした。歯医者の先生に歯ブラシのレッスンを受けたりして、ちゃんと毎晩磨いていたのに虫歯にになるのは体質なのかもしれません。当時通っていた歯医者は虫歯があればどんどん削って、銀歯や詰め物で埋めるというような治療でした。他の歯医者に行ったことが無かったためそれが当然だと思っていました。結婚して引っ越したらその歯医者に通うことができなくなったため、駅前の歯医者に通うことにしました。そこで歯医者によってケア方針の違いに驚きました。情報がここに書いてます名古屋 審美歯科をクリックしてください。
今通っている歯医者は削ることは最低限に留め、今ある歯を大事にするという方針でした。毎回診てもらう時は削ったり埋めたりすることはほとんど行いませんでした。今はそこの先生を信頼し、親知らずも抜いてもらいました。これからも定期的に歯を診てもらいたいと思います。