税金に関するスペシャリスト

働く女性と保育園問題の関連

出産後しばらくの間は育児休暇を利用して育児に専念することが出来る女性も、休暇が終われば会社に復帰しなくてはなりません。祖父母が代わりに育児に従事してくれる場合は問題ありませんが、頼れる相手がいない場合は保育園に子供を預けて働くしかありません。しかし地域によっては保育園が定員オーバーになってしまっており、スムーズに入園できない可能性もあります。
子供を保育園に預けることが出来なければ、育児休暇明けに会社に復帰することは出来ません。子供を一人で家に置いて仕事に行くわけにはいかないからです。現在は保育園不足が深刻で、実際に子供を保育園に入れられず育児休暇後に仕事に復帰できない方も少なくないと言われています。
保育園に入園する為には、審査があります。保育園での保育の必要性が高い家庭の方が保育園に入りやすく、そうでない場合はどうしても後回しになってしまいます。そうして保育園の入園が断られてしまった方は認可外の保育園を自主的に利用するしかなく、高額な保育料負担が発生してしまうというわけです。
働く女性にとって、保育園問題は決して無視できない重大な問題となっているのです。
何かありましたら福井市 認定こども園選びましょう。