顔のたるみで目立つほうれい線

顔のたるみで目立つほうれい線

笑顔になると口元の横にできるほうれい線は、年齢を重ねて顔の筋肉がたるんでくると笑わなくてもできてしまいます。
お年寄りの絵を描く時に、口元にほうれん線を描くとそれだけでお年寄りだとわかりますね。それくらいほうれい線は、老けて見えることの象徴なのかもしれません。
逆に考えれば、ほうれい線を目立たないようにすれば年をとっても若々しく見えるということなのかもしれません。
ほうれん線を目立たなくするためには、顔の筋肉を鍛えてたるみを防ぐことが大切だというのは基本です。特に頬筋と口の周りの口輪筋を鍛えることでほうれい線を防ぐことができると言われています。
私も普段から意識的に頬筋に力を入れて上げたり緩めたりして鍛えるようにしています。頬筋を上げる時に口を大きく横に開いてしまうと、かえってほうれん線を付けてしまうことになるので、口は動かさずに頬筋だけ動かさなければいけません。これはけっこう難しいですけどね。最近は慣れてきてかなり上手にできるようになりました。